男を上げる生毛・植毛、金の糸美容術、若返り整形

金の糸美容術
日本美容指導協会

ダンディ.com 男を上げる 自毛・植毛

それを救ってくれるのが生毛植毛です。

世界で行われている植毛

毛根 FUHT(Follicular Unit Hair Transplant)フォリクラユニットと呼ばれる毛包単位の植毛。頭髪には、一つの毛穴から1本、2本、3本等、稀には4本も生えている毛があります。これを、フォリクラユニット(毛包単位)と呼びます。植毛の際には、この毛包単位を最小単位として移植していきます。日本人は1本毛が3割、2本毛が5割、3本毛が2割で、4本毛はほとんどありません。しかし、たまに見かけることがあります。以前は、より繊細な植毛を求めるあまり、この毛法単位までを切り分けて1本毎の植毛を行うということもされてきましたが、毛法単位で植毛を行った方が術後の定着率が良くなる事がわかってきました。
< 現在行われている植毛術 >
  1. フォリクラー・ユニット植毛法 FUT
  2. ダブルフォリクラー・ユニット植毛法 DFUT
  3. マルチフォリクラーユニット植毛法 MFUT
  4. Choi式植毛法
  5. オムニグラフト

最先端「フォリクラーユニット植毛」とは

頭髪は必ずしも1つの毛穴から1本だけ毛が生えているとは限らず、2本、あるいは3本というケースも多く存在しています。毛髪1本ではなく、毛穴1つを1ユニットととらえることを、「毛包単位=フォリクラーユニット」と呼びます。この「毛包単位」、つまり毛穴1つ分を最小単位とした毛髪移植治療が「フォリクラーユニット植毛」なのです。
FUT
※日本人の場合、1つの毛穴から2本の毛が生えている「2本毛」が最も多く約50%程度、次いで1本の「1本毛」、
  3本の「三本毛」の順となっています。

< フォリクラー・ユニット植毛法の定義 >
  1. 顕微鏡を使い余分な毛のまわりの皮膚組織を削除する。
  2. スリットで線を入れ、それにフォリクラーユニットを入れる。
  3. スリットの中には2個のフォリクラーユニット毛を入れる。ダブルマルチの名称がつく。これは毛量を増やす為に有効。 Choi式植毛法は1~2本の毛をインプランターに入れ、それを頭皮に刺入する。
  4. オムニグラフトは断製機を使用して毛髪を細かくするもので フォリクラー・ユニットの様な繊細な切除はできない。

自毛植毛施術について

自毛植毛手術」とは、読んで字のごとく「自分の毛髪を移植」する手術です。毛の移植・蘇生手術は、海外では非常にポピュラーなものであり、日本でも既に多くの方々が手術を受けられています。
私たちの毛髪には、ハゲになりやすい部分と、そなりにくい部分が存在します。自毛植毛手術では、ハゲになりにくい部分の毛髪をハゲた部分に移植していきます。移植された毛髪は、そのままの性質で定着し、健康毛として成長していきます。また、この手術は自分自身の毛髪を移植するため、アレルギーや拒絶反応の心配がまったく要らない安全な手術です。
植毛を受ける方の希望するボリュームや現在の髪型、包帯の可能な期間など、患者さんの生活環境によっても手術方法は違ってきます。エザキ・クリニックでは、親身になって一人一人に適したカウンセリングを行います。
植毛後の毛髪
自毛植毛に関するお問合せ・お申込み

それを救ってくれるのが生毛植毛です。

「すべての施術は先生が執刀しています」

先生 カウンセリングが終了しましたらいよいよ治療になります。ただやみくもに増毛すればよい、というものではありません。それぞれの患者さんの年齢、顔立ち、ハゲの症状など、さまざまな要素を考慮したうえで、もっとも効果的な植毛を行うことが大切なのです。
1.デザインの決定
STEP1
ポイント:具体的な植毛プランの決定
手術室へ入る直前に、移植範囲をドクターと最終打ち合わせして頂きます。この時に、あなたが最も気になっている部位を確実にお伝え下さい。移植範囲が決定したら、マーカーで印をつけます。同時に後頭部のドナーを採取する範囲もマーキングします。
2.ドナーの採取
STEP2
ポイント:痛みはほとんどありません
麻酔が効いたのを確認して、医師がドナーを採取します。通常必要なドナーは、2000本を植毛するのに縦1.5×横13cm程度となります。採取の際、痛みはほとんどはありません。他の毛髪を傷つけないように丁寧にドナーを採取します。
3.採取部分の縫合
STEP3
ポイント:違和感は数日でなくなり、傷跡も目立ちません
ドナー採取で、後頭部にはドナーと同じ大きさの傷ができるため、その部分をきれいに縫合します。外見上の傷跡はほとんど目立ちません。施術後、多少の突っ張り感が数日続くことがありますが、すぐに違和感がなくなります。縫合した部分の傷が治癒すれば、再びその場所からドナーを採取できます。
4.ドナーの株分け
STEP4
ポイント:手作業にて1株ずつ大切に株分けを行います
ドナー(後頭部から帯状に採った皮膚)を毛包単位に小さく切り分けていく作業が行われます。短時間で毛根を傷つけない様にカットしていくというこのプロセスは非常に重要です。
5.フォリクラーユニット毛の挿入
STEP5
ポイント:移植毛を丁寧に植えつけていきます
フォリクラーユニットと呼ばれる毛包単位の最新の植毛で、毛は1つの毛穴から1~3本の毛がでています。このテクニックでは3本のくっついた毛は1ユニットとして植毛します。 まず、植毛を行いたい部分の頭皮に小さな切痕を入れます。この穴の中に、フォリクラーユニットの毛髪を1個づつ挿入していきます。この間も痛みもなく、安心してお休みになれます。更に密度を高めたい場合は、4~5ヵ月後に再度植毛を行う事で、より密度の高い結果を得る事が出来ます。
6.術後のケア
STEP6
ポイント:翌日には包帯を外して、洗髪します
移植が終わったら、傷口保護のため鉢巻き状に包帯で保護して手術はこれで終了です。後頭部のドナー採取部分は、しっかりと縫合してありますので、約2週間後に抜糸を行います。 その後の通院は特に必要ありませんが、気になる事がありましたらいつでもご相談ください。
7.移植後の発育
STEP7
ポイント:移植した毛は半永久的に生え続けます
移植した毛髪は、移植前と同様にそのまま成長し続けます。カツラのように突然毛髪が復活するのではなく、ごく自然に毛髪が伸びてくるので、周囲の人から見ても全く違和感ありません。人によっては移植した毛髪が1ヶ月後位に一度抜ける場合がありますが、4ヵ月後には、必ず新しい毛髪が生え成長しますので、全く心配ありません。

カウンセリング

専門の医師によって行います。
最終的な手術が終われば、後は頭皮が落ち着いて髪が伸びてくるのを待つだけです。個人差はありますが、2,3ヶ月もすれば毛髪と頭皮がなじみます。概ね1年もすれば、傷口も次第にきれいになり、気になる生え際のラインも落ち着いてきます。術後「前頭部の生え際が気になる」といった場合にはもう一度、必要に応じてその部分だけをマイクロスポットなどで細かい修正を行う、二段構えという安心のシステムです。 もちろん、精神的に健康で極度のノイローゼに陥っていないことが手術の前提条件になるため、充分なカウンセリングを行い、手術する必要があるのかどうかを判断し、適切なアドバイスを行います。また、脱毛の悩みを抱える人に対して、会員制によりケアシステムを並行して行っています。「どんな脱毛に悩んでいる人にも対応出来る」という理念のもと、もっとも重要な予防の段階から着実にフォローしていこうというシステムです。その内容は施術、カウンセリングの他、独自の、防腐剤を含まない溶剤を使用したホームケアの指導を行います。
自毛植毛に関するお問合せ・お申込み
©2007-2009 JP-DANDY.COM ALL RIGHTS RESERVED.